うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.67 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

前田 正子さん

3月15日(金)「無子高齢化社会~出生数ゼロの恐怖(岩波書店)」を出版された前田正子さんをお招きしてセミナーを開催しました。
前田さんはK2が横浜市との共働を本格的に始めるきっかけとなった「こども青少年局」ができた時、横浜市副市長としてこどもや若者の問題に取り組まれていました。横浜市を退職された後も活動を応援してくださっています。
 
 
岩本)セミナーではとても重く、危機感を覚える内容でありながら、軽快な語り口で笑いがあり、楽しくあっという間の2時間でした。少子化対策というと、保育園をつくるなどのハード面での整備に注目が集まりますが、結婚や子育て世代の若者達を取り巻く社会の変化や働き、自立する事が難しい時代に社会の荒波に放り出された若者達の苦悩をデータの解説と共に分かり易く知ることができました。
 
前田さん)K2が若者支援に取り組み続けていることや、またスタッフの人たち一人一人が迷いながら自分たちの役割がどうあるべきか、若者達とどう関わるべきかと考え続けているまじめさに感銘を受けます。
 
 
岩本)セミナーでは多くのデータを用いてお話をしていただいたのですが、一日1200人ずつ人口は減っている事、特に20才から64歳の働き手世代については1500人程度が毎日減っているというお話を聞き、本当に危機感を覚えました。
 
前田さん)そうなんです。都会に住んでいると人が減っていることがわかりませんが、地方では本当に人がいなくなり、数年内に消えていく集落がいくつも出てくると思います。今すぐ生まれる子供が一定数に維持されるようになっても、人口減少は止まりません。また日本全国で働いてくれる人、地域を支えてくれる人が減っています。少子化の直接的な要因は未婚率の上昇ですが、その背景には若者たちが安定した仕事に就けなかったことがあります。一方、最近急に日本では働き手が減っていることが話題になっていますが、日本にはまだ働きたくても働けない若者や、社会に自分の居場所を見つけられない若者が大勢います。彼らに自分たちが望む形で社会で自分の役割をみつけてもらうことが必要です。社会での自分の居場所や仕事を獲得していく、そうすれば自分自身に自信を取り戻し、パートナーを見つけることにつながるかもしれません。
特に団塊ジュニア・ポスト団塊ジュニアが中年期に差し掛かっていますので、彼ら世代への支援は急務です。7040、8050問題といわれるように、親亡き後に、社会の中でどう生きていくかを一緒に考えてくれる人や支援が必要です。しかし、若者支援はその対象年齢層も広く、それぞれの若者が求めるものも違うので、一言では何が若者の問題なのかを語りにくく、理解されにくい分野でもあります。そのため必要な支援でありながら、手薄であるだけでなく、支援する方のノウハウもあまり蓄積されておらず、人材も多くないと感じています。
 
 
岩本)東日本大震災から8年が経ちました。私たちが続けてきた石巻と横浜のつながりは現在も進化発展しつつ、継続しています。前田さんは今、関西にお住まいとの事ですが、被災地への想いやうんめぇもん市の活動についてご感想やご意見など教えてください。
 
前田さん)震災のあと、金森さんと一緒に石巻に行かせていただき、津波の破壊力のすさまじさと、なにもかも流されてしまった街の様子に息をのみました。それに対して東北の人たちが我慢強いことにも感銘を受けました。一方、その後、東北に行くたびに、沿岸部の若い世代が仙台に移り住み、もう戻らないと話す様子を見ていました。私は、震災前から首都圏の保育所や介護施設が東北の若い世代を職員として吸収していることを知ってはいましたが、震災がそれをさらに加速させたことを肌で感じています。今は全国どこでも震災が起こる可能性があります。そのたびにそこで再び暮らしていけるように住宅のみならず仕事の再建も重要です。石巻市は復興モデル市として頑張っていますのでうんめえもん市が継続し、石巻の人たちへの支援が続いていることを知ってもらうと同時に、石巻産物の安定した販売先になるのが大きな貢献だと思います。
 
 
岩本)うんめぇもん市(K2)を応援してくださっている皆さんへ、また私たちの活動への応援メッセージをお願いします。

前田さん)震災によって石巻は大きな打撃を受けましたが、日本全体で今後は人口減少と高齢化が進みます。石巻の復興は地域の持続可能性をどう高めるかという日本全体の試金石にもなると考えています。また、若者支援といっても対象は10代から40代まで幅広く、それぞれの若者が目指すものや求めているものは違います。一人一人にオーダーメイドの支援が必要です。それは一人一人の能力を引き出すという一人の人間の人生にかかわる重要な仕事です。支援する側の人の育成も重要な役割ですので、期待しています。
 

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.66 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

亀山 貴一さん
今回は一般社団法人はまのね はまぐり堂店主 亀山 貴一さんにお話を伺いました。

宮城県石巻市蛤浜出身。K2スタッフ亀山の従弟にあたります。震災で消滅しそうになった蛤浜再生のため現在も活動中。K2メンバーは、蛤浜の環境整備のお手伝いや、ジョブキャンプメンバーの受け入れ等でお世話になっています。

(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.65 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

相田 涼平さん
こんにちは!今回は横浜市中区 総務部地域振興課の相田 涼平さんに応援メッセージをいただきました。

相田さんのお仕事について教えてください。
 
「ハローよこはま」という中区の区民祭りの企画・運営業務を担当しています。「ハローよこはま」は、昭和51年(1976年)に、当時は完成前だった根岸森林公園で第1回を開催して以降、昨年までに43回を数える、中区の歴史あるイベントです。現在は横浜公園・日本大通り・象の鼻パークを会場としており、各会場の名称は横浜三塔にちなんで名付けています(ジャックエリア・キングエリア・クイーンエリア)。また、3つのエリアそれぞれにステージが設けられ、出店ブースも合計110以上が展開されます。昨年の来場者数は18万人を記録し、大変多くのみなさまにお越しいただくことができました。区民祭りですので主役は区民のみなさまですが、横浜を代表する観光地を会場としていることから、横浜を訪れる多くの方々にもお楽しみいただけるよう、日々取り組んでいます。
 
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.64 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

齋藤 聖さん
 
こんにちは!2019年スタートにあたり、「よこはま型若者自立塾」の所管であるこども青少年局の齋藤局長に応援メッセージをいただきました。
 
 
 
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.63 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

佐藤さん

こんにちは!
今月の応援インタビューはK2家族の会の佐藤 真理子さんです。K2家族の会とは不登校や引きこもりなどの若者の親御さんがつくる保護者グループです。佐藤さんは「うんめぇもん市」部会の活動をリードしてくださっています。

(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.62 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

伊藤さん インタビュー

今回は、横浜市交通局 施設課 伊藤 晃代さんにお話を伺いました。

(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.61 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

小町 正人さん

今回は、社会保険労務士法人礎 代表の小町正人さんにお話を伺いました。

(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.60 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

宮島さん

今回のインタビューは、横浜コミュニティデザインラボの宮島真希子さんにお話を伺いました。
 
 
岩本)宮島さんのお仕事について、教えていただけますか?
宮島さん)現在、NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボの理事として、地域の情報発信人材の育成・横浜をフィールドとするNPO発信型メディアの企画運営を軸に、多様な人たちの対話の場づくり・そこから生まれてくるアイデアを形にするお手伝いをしています。元々は、神奈川県内を対象とする新聞社で、記者としてスポーツから経済までいろいろなことを取材していました。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.59 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

インタビュー

今回のインタビューは、横浜市会議員のふもと理恵さんの所にお伺いしています。

三浦) ふもとさんは議員さんなので、毎日お忙しいと思いますが、議員の仕事以外で取り組まれていることはありますか?

ふもとさん) はい! 今、『満腹いずみ食堂』をやっています。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.58 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

インタビュー

今回は、横浜市役所 副市長の荒木田 百合さんにインタビューをさせて頂きました。
 
 
岩本)今日は副市長の荒木田さんのところにインタビューに伺いました。よろしくお願いします。
以前に一度荒木田さんには応援メッセージを寄せていただいていますが、石巻にも行かれたことがあるということで以前はその時の様子を書いていただきました。
さて、先日副市長になられてお忙しいと思いますが、今はどのようなお仕事をされているのですか?

荒木田さん)これまでは副市長は3名体制だったのですが、私が就任して4名体制になっています。私はソフト分野のこども・青少年、健康福祉、医療、教育、文化観光、5つの分野を担当しています。私自身ソフト系の仕事をしてきたので、この分野を一挙に担当できてありがたいことだと思っています。林市長はこども・若者を大切に考え教育にもとても力を入れています。次世代支援を大切にする市長を一番近くで支える事ができるのは幸せなことです。まず、担当するソフト系の分野に横串を刺して一緒に事業をしたり、情報を共有したりできたらより良い仕事ができると思っています。それともう一つは、現場で起きている事を肌で感じてNPOの皆さんなど活動して
いる人達と生の意見交換をしていきたいですね。それが今まで皆さんと仕事をしてきた私が副市長になる意味なのかなと思っています。
(さらに…)

コメントする 0