うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.58 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

インタビュー

今回は、横浜市役所 副市長の荒木田 百合さんにインタビューをさせて頂きました。
 
 
岩本)今日は副市長の荒木田さんのところにインタビューに伺いました。よろしくお願いします。
以前に一度荒木田さんには応援メッセージを寄せていただいていますが、石巻にも行かれたことがあるということで以前はその時の様子を書いていただきました。
さて、先日副市長になられてお忙しいと思いますが、今はどのようなお仕事をされているのですか?

荒木田さん)これまでは副市長は3名体制だったのですが、私が就任して4名体制になっています。私はソフト分野のこども・青少年、健康福祉、医療、教育、文化観光、5つの分野を担当しています。私自身ソフト系の仕事をしてきたので、この分野を一挙に担当できてありがたいことだと思っています。林市長はこども・若者を大切に考え教育にもとても力を入れています。次世代支援を大切にする市長を一番近くで支える事ができるのは幸せなことです。まず、担当するソフト系の分野に横串を刺して一緒に事業をしたり、情報を共有したりできたらより良い仕事ができると思っています。それともう一つは、現場で起きている事を肌で感じてNPOの皆さんなど活動して
いる人達と生の意見交換をしていきたいですね。それが今まで皆さんと仕事をしてきた私が副市長になる意味なのかなと思っています。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.57 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

小山さんインタビュー

安田)はじめに小山さんのお仕事について教えてください。

小山さん)横浜市健康福祉局、障害企画課就労支援係の受注担当の嘱託職員として勤務しています。横浜市内には600か所ほど福祉事業所があるのですが、企業、市庁舎、各区役所からの仕事を福祉事業所と結び付ける仕事をしています。福祉事業所の仕事は書類の袋詰めやお菓子メーカーの箱折りなどの室内作業、最近では室内作業から表に出て公園清掃や駅のトイレ清掃、その他にも色々な仕事があります。福祉事業所というと室内で作業をするイメージですが、近年は外に出て仕事をする事で元気になる利用者さんも増えてきています。
企業や行政からの作業や商品の発注を横浜市内の障害者施設等へコーディネートする「わーくる」(よこはま障害者共同受注総合センター)が3年前にでき、障害者の社会参加の機会を拡大するとともに、工賃向上や自立支援のお手伝いをしています。利用者さんがやる気になって、元気になってくれて、さらに工賃が上がるようになって、そこでのお仕事を楽しいと思ってくれたら嬉しいです。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.56 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

岩本)飯倉さんのお仕事について教えてください。

飯倉さん)養蜂を生業としています。自分の養蜂場の他、K2さんを始め神奈川県内各所で養蜂技術指導をさせてもらっています。ハチミツだけではなく、養蜂家を作るのが仕事です。

岩本)K2との出会いについて、またK2の活動についての感想などを聞かせてください。

飯倉さん)他の指導先からのご紹介で、蜂群維持にお困りとのことでご相談いただいたのが最初でした。正直、最初に見た群の状態は酷いものでしたが、何とか立ち直らせて今春は順調に蜂も増えています。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.55 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

岩本)以前にも鈴木さんには応援メッセージを寄せていただいた事があるのですが、改めて「でんぱた」さんについてご紹介いただけますか?

鈴木さん)2001年4月に農業の新たな可能性を求め「有限会社でんぱた」を農業法人として立ち上げ17年が経ちました。個人農業形態に限界を感じたことと、国の食糧管理法が新食糧法に改定され、生産者に「売る」自由が認められたことが大きな理由でした。それまでは戦後の食料安定供給のため国が流通を管理していたのです。自社生産の米は勿論のこと地元生産者の米や野菜をスーパーや生協に納入する窓口作りから始まり、加工による商品化やグリーンツーリズム(都市と農村の農業体験交流)なども取り組み、県内外への農産物販売に努めております。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.54 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

岩本)こんにちは。もうすぐ震災から7年の節目を迎えて、うんめぇもん市応援団長の宮本さんにインタビューに来ました。宮本さんには以前うんめぇもん市のPRマンガを描いて頂いていました。とても好評で、是非また描いて頂きたいと思っているのですが、いかがですか?

宮本さん)都筑区役所にいた時に書いていたんだよね。当時区役所では「うんめぇもん市」がまだ周知されていなかったからね。それに区役所で若者支援をするという認識もなかったしね。今はユースプラザの出張相談なんかもできたから変わったんじゃないのかな?
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 うんめぇもん応援団突撃インタビュー 石巻観察編!

横浜市こども青少年局 青少年部長 宮谷 敦子さん

1)石巻に行って印象深かった事や場所について

色々なところを見せてもらったのですが、その途中のそこら中が、更地だったり、造成中だったり、道路や防潮堤の工事中だったり…。
まだまだ、復興道半ばということを実感しました。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.53 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

磯子区 区長 小林さん

安田)今回はK2グループの地元である磯子区の小林正幸区長にインタビューさせて頂きます。こんにちは、今日はよろしくお願い致します。
うんめぇもん市(K2)との出会いについて教えてください。

小林さん)H27年に私が磯子区長に就任してから、仕事を通じてK2のお話を伺ったり、青少年の施策について一緒に仕事をさせて頂いたことがきっかけです。
それ以前からうんめぇもん市のことは知っていました。本庁舎に勤務していた時は、月に一度の開催でお弁当を買うのを楽しみにしていました。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.52 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

佐渡さん

安田) こんにちは、今日は mass×mass 関内に来ています。佐渡さん、お昼休みの時間にありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します。早速ですが、横浜市総務局ではどんなお仕事をされているのか教えていただけますか?

佐渡さん) 横浜市総務局しごと改革推進室でマイナンバー制度の担当をしています。マイナンバー制度は社会保障、税、災害対策の3分野で使える仕組みになっていて、行政事務の効率化や行政手続での添付書類の削減など国民の利便性の向上などが目的です。この11月に、マイナンバーを使った他機関との情報連携がスタートしたばかり。国と市役所内のマイナンバーを扱う事務とのパイプ役として今動いています。 所管の事務がスムーズに進むよう底支えをしたり、マイナンバーカードの利活用を 検討したりしています。それ以前は福祉関係の業務が長くて、こども青少年局に3年在籍し、学童クラブ等放課後の児童福祉関係の業務をやっていました。その前は健康福祉局障害福祉部に13年いました。区役所2か所も含めいろんな職場を経験しましたが、基礎自治体の仕事はおもしろいです。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.51 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

島田 聖子先生

安田) 島田先生のお仕事を教えてください。
島田さん)横浜修悠館高等学校で、体育の教員をしております。K2にはキャリア活動ICという授業にご協力頂いております。
また、K2の相談員の方に週3回修悠館高校に訪問して頂き、担任や養護教諭、キャリアアドバイザーとも連携しながら生徒たちの相談などを受けて頂いております。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団交流会 開催レポート

やっぺす通信 表

コメントする 0