うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.65 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

相田 涼平さん
こんにちは!今回は横浜市中区 総務部地域振興課の相田 涼平さんに応援メッセージをいただきました。

相田さんのお仕事について教えてください。
 
「ハローよこはま」という中区の区民祭りの企画・運営業務を担当しています。「ハローよこはま」は、昭和51年(1976年)に、当時は完成前だった根岸森林公園で第1回を開催して以降、昨年までに43回を数える、中区の歴史あるイベントです。現在は横浜公園・日本大通り・象の鼻パークを会場としており、各会場の名称は横浜三塔にちなんで名付けています(ジャックエリア・キングエリア・クイーンエリア)。また、3つのエリアそれぞれにステージが設けられ、出店ブースも合計110以上が展開されます。昨年の来場者数は18万人を記録し、大変多くのみなさまにお越しいただくことができました。区民祭りですので主役は区民のみなさまですが、横浜を代表する観光地を会場としていることから、横浜を訪れる多くの方々にもお楽しみいただけるよう、日々取り組んでいます。
 
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.64 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

齋藤 聖さん
 
こんにちは!2019年スタートにあたり、「よこはま型若者自立塾」の所管であるこども青少年局の齋藤局長に応援メッセージをいただきました。
 
 
 
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.63 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

佐藤さん

こんにちは!
今月の応援インタビューはK2家族の会の佐藤 真理子さんです。K2家族の会とは不登校や引きこもりなどの若者の親御さんがつくる保護者グループです。佐藤さんは「うんめぇもん市」部会の活動をリードしてくださっています。

(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.62 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

伊藤さん インタビュー

今回は、横浜市交通局 施設課 伊藤 晃代さんにお話を伺いました。

(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.61 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

小町 正人さん

今回は、社会保険労務士法人礎 代表の小町正人さんにお話を伺いました。

(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.60 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

宮島さん

今回のインタビューは、横浜コミュニティデザインラボの宮島真希子さんにお話を伺いました。
 
 
岩本)宮島さんのお仕事について、教えていただけますか?
宮島さん)現在、NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボの理事として、地域の情報発信人材の育成・横浜をフィールドとするNPO発信型メディアの企画運営を軸に、多様な人たちの対話の場づくり・そこから生まれてくるアイデアを形にするお手伝いをしています。元々は、神奈川県内を対象とする新聞社で、記者としてスポーツから経済までいろいろなことを取材していました。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.59 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

インタビュー

今回のインタビューは、横浜市会議員のふもと理恵さんの所にお伺いしています。

三浦) ふもとさんは議員さんなので、毎日お忙しいと思いますが、議員の仕事以外で取り組まれていることはありますか?

ふもとさん) はい! 今、『満腹いずみ食堂』をやっています。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.58 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

インタビュー

今回は、横浜市役所 副市長の荒木田 百合さんにインタビューをさせて頂きました。
 
 
岩本)今日は副市長の荒木田さんのところにインタビューに伺いました。よろしくお願いします。
以前に一度荒木田さんには応援メッセージを寄せていただいていますが、石巻にも行かれたことがあるということで以前はその時の様子を書いていただきました。
さて、先日副市長になられてお忙しいと思いますが、今はどのようなお仕事をされているのですか?

荒木田さん)これまでは副市長は3名体制だったのですが、私が就任して4名体制になっています。私はソフト分野のこども・青少年、健康福祉、医療、教育、文化観光、5つの分野を担当しています。私自身ソフト系の仕事をしてきたので、この分野を一挙に担当できてありがたいことだと思っています。林市長はこども・若者を大切に考え教育にもとても力を入れています。次世代支援を大切にする市長を一番近くで支える事ができるのは幸せなことです。まず、担当するソフト系の分野に横串を刺して一緒に事業をしたり、情報を共有したりできたらより良い仕事ができると思っています。それともう一つは、現場で起きている事を肌で感じてNPOの皆さんなど活動して
いる人達と生の意見交換をしていきたいですね。それが今まで皆さんと仕事をしてきた私が副市長になる意味なのかなと思っています。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.57 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

小山さんインタビュー

安田)はじめに小山さんのお仕事について教えてください。

小山さん)横浜市健康福祉局、障害企画課就労支援係の受注担当の嘱託職員として勤務しています。横浜市内には600か所ほど福祉事業所があるのですが、企業、市庁舎、各区役所からの仕事を福祉事業所と結び付ける仕事をしています。福祉事業所の仕事は書類の袋詰めやお菓子メーカーの箱折りなどの室内作業、最近では室内作業から表に出て公園清掃や駅のトイレ清掃、その他にも色々な仕事があります。福祉事業所というと室内で作業をするイメージですが、近年は外に出て仕事をする事で元気になる利用者さんも増えてきています。
企業や行政からの作業や商品の発注を横浜市内の障害者施設等へコーディネートする「わーくる」(よこはま障害者共同受注総合センター)が3年前にでき、障害者の社会参加の機会を拡大するとともに、工賃向上や自立支援のお手伝いをしています。利用者さんがやる気になって、元気になってくれて、さらに工賃が上がるようになって、そこでのお仕事を楽しいと思ってくれたら嬉しいです。
(さらに…)

コメントする 0

うんめぇもん応援団 応援ファイルNo.56 うんめぇもん応援団突撃インタビュー

岩本)飯倉さんのお仕事について教えてください。

飯倉さん)養蜂を生業としています。自分の養蜂場の他、K2さんを始め神奈川県内各所で養蜂技術指導をさせてもらっています。ハチミツだけではなく、養蜂家を作るのが仕事です。

岩本)K2との出会いについて、またK2の活動についての感想などを聞かせてください。

飯倉さん)他の指導先からのご紹介で、蜂群維持にお困りとのことでご相談いただいたのが最初でした。正直、最初に見た群の状態は酷いものでしたが、何とか立ち直らせて今春は順調に蜂も増えています。
(さらに…)

コメントする 0